お金に関するサポートをしてくれるファイナンシャルプランナーとは?

保険の種類を見極める方法

今後どのようになるのかが不安だから保険に入ろうという人は多くいますが、保険にもさまざまな種類があるうえに、それぞれの保険会社によって保険の保障内容も異なります。自分にとって必要となる保障内容は何であるかを、まず考えることが加入する保険の種類を見極める方法の第一歩です。

保険の特長を学ぶ

万が一のリスクに備えて加入する保険

保険の目的とは、病気や怪我をした場合、死亡した場合などのリスクに備えて加入して、万が一の時には保障を受け取ることで生活の安定を図るというものです。つまり、保険の第一の特長とは万が一のリスクに備えることができるというものです。保険にはさまざまな種類があり、健康保険や自動車保険などは、病気や怪我をした際、させてしまった際に自分の生活にかかる負担を少なくすることができますが、死亡保険などは、残された遺族の負担を少なくすることができます。

節税対策すらもできる保険がある

保険は通常リスクに備えて加入するものですが、それだけでなく節税対策をするために保険に加入することを目的としている人も多くいます。保険による節税は、個人であれ法人・企業であれ可能であり、さまざまなものがあります。法人向けで節税対策の保険としてよく知られているものでは逓増定期保険があります。逓増定期保険は、保険期間が過ぎるごとに保険料が増していきますが、解約返戻金が最大となるときに契約を解除することで大きな利益になることが特長の保険です。すべての保険が節税対策につながるわけではなく、自動車保険、自転車保険などの損害保険の多くは節税対策に利用することはできません。

保険の申し込みの流れ

まずは加入する保険の情報を集める

どの種類の保険に加入するかが決まっているのならば、各保険会社の保障内容が自分にあっているかどうかの情報を集める必要があります。保険会社に資料請求の電話をかけてもいいですが、代理店窓口に直接赴けば詳しい話を聞くことができます。そのうえでプランを製作してくれます。プランの作製では、自分の家計情報などの個人的な話をすることにもなるので、しっかりと対策をしてある店舗を選ぶ必要があります。

見積りを作ってもらい確認する

保険会社により提示されたプランで、具体的に年間でどれほどの保険料がかかりどれだけの保障が受け取れるのかの見積り書を作成してもらいます。また個人情報の取り扱いの説明や契約概要についての説明も合わせて受けることになります。近年では少ないですが、保険感謝にとって不利益なことが小さくかかれることもあるので、細かな確認が必要です。

納得したなら契約へ

見積りを作ってもらい、それに納得したならば契約へと移行します。確定したプランの細かな確認とともに、契約の概要、注意喚起情報、契約のしおり、約款などといったさまざまな書類を用意して確認していきます。確認後には意向確認書と申込書などといった、契約に必要となる書類に署名と捺印をすることになります。

保険会社による確認と保険料の支払い

健康保険などの種類によっては、契約者の健康状態を保険会社が確認することがあります。この際に、保険契約をすることができない状態であると判断されると、契約は行えません。契約が行えるとなると、保険料の支払いを行うことになります。口座振替、クレジットカード、コンビニエンスストアでの支払いと、さまざま選ぶことができます。

契約の成立と保険証券の確認

保険料が支払われたことを保険会社が確認すると、契約が成立したこととなります。契約が成立すると、保険会社から保険証書が送られてきます。保険内容や契約の条件、保障内容が記されているうえに、保険会社への連絡先など細かく記されているもので、内容を確認するとともに、長期の保管が必要です。

[PR]節税対策には逓増定期保険がオススメ!
プロが親身に対応してくれる

[PR]福岡でファイナンシャルプランナーを利用しよう
お金の悩みを即解決☆

[PR]自転車保険に加入
事故のリスクを未然に回避

ファイナンシャルプランナーを利用するメリット

男の人

専門家に相談するメリット

リスクに備えて保険を加入するためには、自分に必要な保険を選ぶ必要がありますが、自分に最適な保険が何かが分からないという人も多くいます。そのような際には、専門家であるファイナンシャルプランナーに相談することが勧められます。ファイナンシャルプランナーは、幅広い知識と包括的な視点から、顧客ひとりひとり異なる夢や目標を実現するための対策を経済的な側面から提示する専門家です。東京や福岡をはじめ全国各地の保険の窓口や保険会社にいます。

加入も見直しも相談しよう

保険に加入したならばあとは保険料を払うだけで安心というわけではありません。生活の状況が常に契約時と同じ状況で続くわけではありません。また、新たに保険に加入する際にも節税をしたいと思った際にも、今加入している保険の内容を見直す必要があることもあります。このような場合にも、ファイナンシャルプランナーに相談することができます。また、実際に保障を受け取るときの請求の手伝いも行ってくれます。

気になるオススメ記事もあわせて

自転車

自転車保険の保証内容や加入する方法を紹介

自転車保険は加害者や被害者になった場合に、保証してもらえるものです。加入方法はとても簡単ですが、中には十分に保証されないケースもあるため、しっかりとチェックした上で加入しましょう。

READ MORE
説明

ファイナンシャルプランナーの資格やサービスについて知ろう

ファイナンシャルプランナーは、保険などをの相談に対応してくれます。お金を増やしてくれる、保険料を安くしてくれるイメージがありますが、その人の事情に合わせて将来のリスクを低減するための適切な提案が主なサービスになります。

READ MORE
広告募集中